実験*体験blog

通販生活やネット通販、ネットショッピングを試して更新するブログです。お気に入りのお店のレポートや、作ってみた料理のレビュー、バレーボールについてなど、とにかく実験体験大好きな私がお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今日のバレー練習のメモ

2007年02月10日23:42 今日のバレー練習のメモ
コーチに別メニューで教えてもらったことをメモしておく。
自分で練習しておくこと
1.高くトスを上げてセットして
  (左肘を開いて右手をあげ、打ちやすいところまで待つ)、
  肘を下げずにボールの向こう側を叩く感じで打つ。
  手首を返すこと。
2.今度は自分の胸のあたりで叩きつける。
  ボールは真下に打つ感じになる。
  打つ瞬間、足は半歩踏み出す程度にとどめる。

3.ステップの練習
  左→右→左右とステップを踏む。
1歩目、2歩目は小さめに、最後のステップの3歩目は大きく踏み、足を揃えて上に跳ぶ。
跳ぶ時は手をしっかり後ろに引いて、
先ほど練習したセットをきちんとして待ち、
肘を下げずに打つ。
とにかく打つけど今はリズムを体得するために
打つのは失敗してもよい。
ということで、オープンスパイクは練習しはじめたところなのです。
これ!というのを掴めば大丈夫になると思うんだけど頑張る。

コーチの一言
声をきちんと出す、声は私が取るというアピールになるので
他の人はフォローに回れるしメリットが大きい。

バレーボール | コメント:0 | トラックバック:0 |

国府台で練習

2007年02月07日00:01
朝は8時45分に車で幼稚園へ送迎。
その後Mちゃんを乗せて国府台で合同練習。
9時(実際は半前くらいから)~13時までバレーバレーバレー。
アメ食べながら乗り切ったけど、オープンからセンターに切り替えが私には・・・です。
今日の課題は色々あれど、ブロックをそろえるというところで頑張ってみた。
これはやはりタイミング。本当にライトと合わせて飛ぶのが一番。
あと私が頑張って飛べれば
私をかわして中央寄りにレフトから打ってくる
あのドライブ気味のボールを止められるはずと言われ(´・ω・`)ショボーン
がんばります。
あと、サーブを真剣にガッツリやりたいのですが
基礎が分からないままやってるのはまずいよー
自分で頑張るしかないのだが・・・
気持ちを低下させないようにテンションあげていって勝つように頑張らねば。
今日もチームの気持ちが低下してしまい、いけなかったよなぁ。
考えながらやらねばね。

と練習しながら13時に終了。
バレーボール | コメント:0 | トラックバック:0 |

小学校バレーで教わったこと(メモ)

2007年02月05日01:36 小学校バレーで教わったこと(メモ)
先に教わったことを必死でやっていたので
他のことがところてん式にスッポリ抜けて忘れてしまう私。
オープンに打つ時はまっすぐ入るのではなく、ななめから入ること。 これしか考えておりませんでした。

サーブカットについてはとにかく、ダッシュの人が言っていたこととしてとにかく面をきちんと作ることをやれば大丈夫でしょ
というところに尽きる。
くっついた両手をすっと前に出す感じ。前に伸ばす。 サーブもいつまでも試行錯誤中。色々真似してコレというのを見つけるまでは続くのだ。

で、土曜日夜に教わったこと。
アタックを打つにあたってステップをきちんとしないといけない
きちんと振りかぶって打つ前に頭上で手をきちんとセットする必要がある。 今度の練習でステップきっちり教えたげるわとのこと。
頑張ります。
書かないと忘れちゃうんだわな。イカンイカン
バレーボール | コメント:0 | トラックバック:0 |

体がバラバラになってます

2007年01月22日17:11 体がバラバラになってます
土曜日の練習と月曜日の練習で体がバラバラであります。
筋肉痛がーーーーーーー
沢山勉強になることを言われました。
アタックの時には手をきちんとパーにして(親指だけ離れてる感じ)打つ前にセットしておくこと
フローターサーブは手を真上に伸ばして打点を低くしない
肘壊すぞ。前の方でボールを捉えろ。
今、教えてもらってます・・・
月曜日の練習はDASHさんと合同でした。
全然休憩なしだよ!さすが1部。すごい疲れました。
練習の最初に縄跳びをやっていて、それがしんどいです~
合同練習では初めてやる練習が沢山ありました。
そこで言われたこと
サーブカットでどのような回転で球が返るのか
球筋をきちんと見てやらないといけない。
逆回転する人、まったく回転しないで返す人、色々ある。
私は逆回転(手前に回転する)だったことが分かった。
アタックを受ける時は面さえしっかりしてれば上がる
受ける時にきちんと面を作って球が当たった瞬間に
手を振るのではなく、腰をきちんと入れて手を引っ張られるように伸ばすように受けると
きれいに返球できる
んだとDASHの人が言っていました。

それと私はライトセミなので、セミのくせがついていて
オープンの打ち方がきちんとできていないと指摘されました。
まだ上に跳ぶというよりは前に飛んでしまうので、
そのせいで後ろに下がりすぎてるから疲れちゃうでしょ
とも言われた・・・改善します。

バレーボール | コメント:0 | トラックバック:0 |

(バレーメモ)ブロックとか

2006年11月17日02:38 (バレーメモ)ブロックとか
kちゃんからのアドバイス
ブロックする時は手のひらをくっつけて。
無理に耳につけなくてもいいから上に手をやる。
本のほうでは耳につけて手のひらは肩幅となってたけど・・・
経験則からまず学ぶべしということで、両方試してみるつもり。
親指と小指に力を入れてというのは、本にも書いてあった。
ブロックは思い切って飛んでもらったほうが、ブロックフォローにも行きやすいとのこと。 あとは相手がレフトから打って来る時に、棒立ちだとボールも人も見えないので
低く構えてほしい
とのこと。

サーブカットの際など、後ろを見るときは体ごとではなく
顔だけ後ろを見るだけでよい(ここは意見が分かれるところらしいが)
私の場合手が長いので、中途半端に触ってしまってボールがはじかれてしまってナンギ
だそうだ。

ライトで打つ時にコート外に打ってしまうのは、レフトセミでの打ち方の影響ではないか。
まっちゃん曰く、「でもレフトセミの時にはまっすぐ打っちゃうんだよねー」

前に他のコーチにアドバイスされたのは、もっとネットから離れて打てば手首で打ち分けが出来るということだったので
そうしてから手首使って左右に切れればなぁと思った。

先日やったのは合同練習であげてもらった低めのトスで
kちゃんの真似をして打ったらバシと決まったので
その感覚を忘れずに記憶していくことだなぁとも。








バレーボール | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。